男の人 男の人
  1. ホーム
  2. バイアグラ誕生秘話と効能

バイアグラ誕生秘話と効能

医薬品

バイアグラは開発当初は狭心症の薬の予定だった

バイアグラの主成分としているシルデナフィルですが、この成分はもともと狭心症などを治療するために開発されたものでした。しかしながら狭心症の薬としての臨床実験の効果は乏しく、実験は中止を余儀なくされてしまいました。その際に試験薬として渡していたシルデナフィルの返却を求めたところ、被験者の話から勃起不全に効果がある事が判明したのです。それからED治療薬としての開発が進められ、数年後に世界初のED治療薬であるバイアグラが開発されました。日本も開発から少し遅れて発売されるようになり、すぐに福岡など各地で処方されるようになりました。

ED治療薬としてのバイアグラの効能

バイアグラはED治療薬として開発当初から福岡や日本全土、全世界で今でも愛されるED治療薬です。薬の権利が切れたことで、日本でも2014年からバイアグラのジェネリック医薬品が製造されるようになりました。そのため、福岡のクリニックなどでも既にジェネリック医薬品を処方できるようになっているところも多くあります。勃起を促進させるということから、福岡でもよく媚薬と勘違いされがちなバイアグラですが、バイアグラの効果はあくまで血管を拡張して血流の流れを良くすることで、勃起を促進させる勃起不全の解消のために治療薬です。そのため、バイアグラに性欲を促進させる効果や、強制的に勃起したままの状態にするといったような効果は特にありません。空腹時に服用することで、効果が感じられるまでに約1時間、効果が出てから継続時間は3~5時間程度となっています。他のED治療薬と違って食事の影響を受けやすいため、食後に服用すると効果があまり期待できなくなってしまいますので注意しましょう。